ジュエルエピ 口コミ

ジュエルエピ 口コミ

 

痛くはありません。

 

手軽な価格だったし、高周波脱毛ということもあって購入しました。
若干持ちづらさなどはありますが、基本的に良いです。

 

私は足のすねに使ってみました。
20秒挟んで抜くと、確かに痛みが少なくするっと抜ける感じがします。

 

地道な作業ではありますが、毛抜きで抜くよりも絶対にいいです。


 

手軽に使えそうで持ち歩けていいなと思いました。
それから、色も綺麗でかわいいので。


 

根気はいるけど、確実に抜けます。
手早く処理したい方にはオススメできませんけどね。


 

デザインは良かったんだけど、毛が挟みにくいです。


 

毛を挟むところが悪いみたいで、さっぱりつかめませんでした。
コマーシャルを見てノーノーヘアが気になっています。


 

レビューとデザインに惹かれて買ってみたんですが、大きいので持ちづらいです。
毛を挟んだまま20秒間そのままでいなければいけないので、手首がとても痛みます。
慣れていないためか、まだまだするっという感じで毛が抜けることはないです。
まぁ、挟みやすいことは確かではあるけどね。

 

使い続けることで希望通りになることを願っています。


様々なメリット

ハイジニーナ脱毛には、様々なメリットがあります。
中でも、男性に良い印象を与えられる、デリケートゾーンを常に衛生的な状態でキープできるというメリットが、人気の要因です。
しかし、メリットがあれば当然デメリットも存在する事を忘れてはいけません。
そこで、ハイジニーナ脱毛には、どのようなデメリットがあるのかを把握しておきましょう。

 

まず、決して安い料金ではないというデメリットです。

脱毛サロンでの施術は、一昔前と比較すると確かに安くなりました。
しかしそれでも、数万円程度の料金は必要になります。
勿論、料金は脱毛サロンによって異なるので、このデメリットを解消するには、出来るだけ安い料金の脱毛サロンを選ぶのが一番です。

 

脱毛サロンは料金が高いからといって、自己処理を行うと今度は肌トラブルのリスクが大きくなります。
デリケートゾーンはその名前が表す通り、とても皮膚がデリケートな部位です。
特にOラインは刺激にも弱く、雑菌に感染しやすいとも言われている部位です。
そんな部位で自己処理を行うと、色素沈着や毛穴が目立つといった肌トラブルのリスクが大きくなってしまいます。

 

また、自己処理を行うには、自分の目で確認がしにくい部位もあります。

Vライン、Iラインは自分の目で確認しながら自己処理が行えるかもしれません。
しかし、Oラインとなるとどうでしょうか?
自分の目で確認しながら自己処理を行うとなると、どうしても無理が生じてしまいます。

 

その為、脱毛サロンやクリニックに足を運びましょう。
そして、プロのスタッフやドクターから、施術を受けるのがベストです。
ただ、どうしても他人にデリケートゾーンを見られてしまうというデメリットは付きまといます。

 

しかし、他人とはいえ相手はあくまで脱毛のプロです。
その為、これまでに何人ものデリケートゾーンを見ているという事を覚えておきましょう。
そう考えると、多少恥ずかしさは減るのではないでしょうか。
また、施術に通ううちに、段々と慣れて恥ずかしさが減っていったという女性もいるようです。

 

そして、最大のデメリットとなるのが元に戻す事が出来ないという事です。

例えば、アンダーヘアを全て処理してしまったとしましょう。
この場合、後から少しだけ残しておけば良かったと思っても、元に戻す事は不可能です。
こんな事態を招く事がないよう、ハイジニーナ脱毛では事前にしっかりとどのようなデザインにするかを考えておく事が重要になります。